WILインタビュー:モニカ・ローボさん

モニカ・ローボさんのインタビューをご紹介します。

ブラジルでLD STUDIOというライティングデザイン事務所を創設し、クリエイティブディレクターとしてご活躍です。

 

動画はこちら

womeninlighting.com

 

注)

日本語訳ですが、結構端折っている部分や間違っている箇所もあります。

あまりに違うところは修正していきますが、大まかな意訳として大目に見てお読みいただければ幸いです。

 

Q. 自己紹介をお願いします。

モニカ・ローボといいます。ブラジル人でリオデジャネイロ出身です。

建築家でライティングデザイナーです。

LDスタジオという会社を創設し、そこでクリエイティブディレクターをしています。

私が照明の世界に入ったのは、偶然なんです。

リオデジャネイロの大学で建築を専攻した後、結婚でサンパウロに移ったんですが

現地に何のコネもない中で新聞でたまたま求人を見かけて応募したのが

サンパウロで一番の照明コンサルタント事務所でした。

本当にただただラッキーでした。

 

Q. あなたの仕事について教えてください。

特定ではなくいろんなジャンルの空間をデザインしています。

コンフォートゾーンを出ることで様々な光の表現を探るエクササイズになるから

とてもいいことだと思いますね。

 

Q. あなたの「ライティングデザイン」に対する考えを教えてください。

光を通じて考えること。

狙いを決めて物事を明らかにしたり、

つまらない空間を魅力的にしたり、

生産性を高めたり、見た目を良くしたり。

誰もにとって必要なものだと思うわ。

 

Q. あなたの「照明とテクノロジー」に対する考えを教えてください。

そうですね...ちょっと怖いと感じます。

今は神様みたいになんでもできるでしょう?色もレンジも明るさも自由自在。

世界を変えることもできてしまうから。

 

Q.時間があったらどんな研究をしてみたいですか?

表面が光と出会うことの研究をしたりすることが好きですね。

光源と素材のマッチングを深く知ることができるので。

 

Q.あなたのお気に入りのプロジェクトを教えてください。

それぞれ思い入れががあるので一つを選ぶのは難しいですが、

クレーンの作品でしょうか?

鉄のパーツに命を与えるような機会で興味深いものでした。

私自身を変えてくれたプロジェクトでもあり、他とは異なるもので、

私を別のレベルに引き上げてくれたプロジェクトでした。

 

Q.あなたにとっての「挑戦」はどんなことですか?

私にとっての大きなチャレンジは、日々の仕事の中で照明業界の隣人たちとコミュニケートすることですね。

日々の仕事の中で、良い光があることの価値を教育し理解を得る努力をしています。

 

Q.あなたに強く影響を与えた人はいますか?

特定の人はいないけれどたくさんいます。

キャリアも参考にしたいことも変化していくものだし、それは望ましいことだと思います。 

 

Q.あなたのインスピレーションの源はどんなことですか?

それぞれのプロジェクトが違った側面を持っています。

関わる人もプロジェクトごとに変わってくる。

デザインについてもそうだし、考え方という意味でも「違い」を生む機会なんだと思う。

その「違い」こそが、いつも私にインスピレーションを与えてくれるんです。

コンフォートゾーンを出て常に挑み続けるためにね。

 

Q.「WOMEN IN LIGHTING」について思うことを教えてください。

新しいムーブメントで、とても興味深いですね。

とても良いツールになるし照明にとって良い提起だと思う

私は自分のキャリアの中でこのようにジェンダーを意識したことがなかったですが

新しいモチベーションになると思います。

私の場合は、一つは常に自分のやりたいことにつき動かされてきて、それを信じられたということと

もう一つは、ブラジルには照明デザインのパイオニアである女性のデザイナーがいるんです。

彼女がアイコンとしていてくれたことも私にとってラッキーなことだったと言えるでしょう。

 

Q.最後にメッセージをお願いします。

私たちは女性の持つ特徴を喜ぶべきです。

例えば直感、たくさんのことをこなせる能力、共感力、繊細さ、勇気、回復力...

この時代に求められているものを持っている。

今が私たちの時代だって思うし、トップにいるんじゃないかしら。